旬の食材を使ったフュージョンタイ料理「蕪と金柑のソムタム」が美味でした。

「蕪×金柑」、ソムタムの懐の深さに乾杯!

ヤムにしろソムタムにしろ、タイのサラダ&和え物系は

  1. ナムプラー(塩味)
  2. レモン汁(酸味、よってタマリンド汁が入ることもあり)
  3. ココナッツシュガー(甘味)

この組み合わせを最良のバランスで配合した合わせ調味料で味付けをします。食材の水分量、あるいは食材そもそもの甘味・酸味によって割合を加減すれば、どんな食材でも美味しくいただけます。

にしても今回、「蕪×金柑」って。これはなかなか思いつかないわー。

そしてこれが食べてみるとまあ美味しい。金柑の甘味と酸味、みずみずしい蕪に絡むあのタイの調味料の風味。そして食感がまたいい。これは金柑のシーズンが来る度に食べたくなること間違いなしです。

オールインワンポットでできる「海老と大根のサワースープ」

この回の汁物は手作り「ゲーンソム( แกงส้ม)ペースト」を使った海老と大根のサワースープ。 タマリンドの酸味と香辛料の辛さが際立つ、タイ中部のお料理です。

作り方はいたって簡単で、鍋にお湯を沸かし、ペースト、大根、調味料、海老と用意した材料を順に加えていくだけ。

タイではこんな風に、魚や青パパイヤを食材として使うことも多い模様。なるほど。これも試してみなくては。

何でも美味しくしちゃう魔法の調味料、ナムプラーで作る「ムートード」

お肉にナムプラーを揉み込んで揚げるだけ、という簡単料理。コレさえあれば付け合わせの野菜もコメも、そしてお酒も間違いなく進みます。

この調理法、「ムー(豚)」だけではなく、「ヌア(牛)」でも「ガイ(鶏)」でもいけるので、「この肉、どうしてくれようか。。。」と悩んでしまったとき、今日は手間のかからない料理にしたい…というとき、超絶オススメの一品です。

タイ料理教室diidii 東京池袋

豊島区池袋タイ料理教室ディーディー。ベジタリアンコースもある200以上のメニューを1人ずつ調理実習できる4名までの少人数料理教室です。