「Taprobane」で人気の「ランプライス」を食す。【青山】

今日は「インドに浮気」ではなく、「インド方面に浮気」です。「バナナリーフ」検索で辿り着いた、スリランカのバナナの葉包み飯「ランプライス」。それを頂けるお店が青山にある!ということで早速お邪魔してきました。

「タップロボーン」はここにあり。


「タップロボーン」は門前仲町にもお店がありますが、本店はこちらです。銀座線の「青山一丁目駅」5番出口を出て南に下ると、右手にホンダ本社ビル、その隣にある「ウィン青山ビル」1階飲食街が目的地。

いつもは混んでいるという店内も、祝日14時過ぎだと貸し切り状態。

お店には「ウィン…」のメインエントランスからも入れますし、大通り(319号線)の真裏にあたる道側にも入口があります。

魅惑のスリランカランチメニュー。


スリランカを含むインド亜大陸といえばアーユルヴェーダの本場。こちらのお店ではそれをワンプレートで楽しめるランチメニューが用意されています。これは魅力的!

さらにはこんな野菜とスパイスたっぷりのお料理まで!一瞬気持が揺れましたが、そういう時こそ初志貫徹。今日は目的があってこちらのお店に来たのです。

「ランプライス」なるスリランカ式のお弁当。お持ち帰りOKとのことですが、もちろん店内で、できたての熱々をいただきますとも。

全部混ぜてこそ美味い!「ランプライス」

注文を済ませるとほどなくして、まずサラダが運ばれてきました。こちらはいたってノーマルな胡麻ドレッシングがかかったキャベツの千切りです。ここから少し時間を置いて、お待ちかねのランプライス登場!

これがバナナの葉も含めて熱々!

到着した「ランプライス」はバナナの葉も熱々。包んだ後に焼いているのか…。ともあれ早速包みを開きますよ。

うわー、具だくさん!

バナナの皮を開くと、ご飯の上にたくさんのスリランカおかずが。それが何か見当がつくものもあればつかないものもあり。ということでお店の方にうかがってみました。

チキンやひよこ豆のカレー、野菜のピクルスや青菜のポリヤル的なものはすぐにわかりました。あと揚げ卵。謎だったのが奥の「ココナッツのふりかけ的な」と書いたもの。これ、ココナッツファインに海老を砕いたものなどが入っているとのこと。そして手前の焦げ茶色のものは茄子と小魚なんですって。これ、日本人にとってはきっと馴染みやすい、どこか懐かしさすら感じるお料理だと思います。

これらのおかずを一つ一つ味を見ながら食べていたら、「全部よく混ぜて食べるのが美味しいよ!」とお店のお姉さんからアドバイス。

そうねそうね、と早速ぜーんぶしっかり混ぜていただいてみましたが確かに。この方が美味しいです。味付けは辛さも塩気もわりと穏やか。何より、いろいろな食材がはいっているので、食べていて飽きません。ちょっと量が多くて少々時間はかかりましたが、ぺろりと平らげました。

地域により特徴があるインド料理。スリランカも面白いな~とすでに足を踏み入れる気満々です。